保湿効果の高いヒアルロン酸注入で肌悩みを改善

気をつけるべき項目

美容整形

最近の女性はバストアップのために美容整形を受けることに抵抗が少なくなっています。これは若い世代だけでなくどの年齢層の女性にも言うことができます。それはなぜなのかというと、以前よりも手軽に美容整形を受けることが可能になったからです。最近よく耳にするようになったプチ整形がその典型的なものです。それではプチ整形にはどのようなものがあるかというと、ヒアルロン酸注入法があります。それまではバストのサイズを大きくするには、胸をメスで切開してシリコンを挿入する方法しかありませんでした。これは肌に対して直接的に傷つけるわけなので、当然ながら傷跡は残りますし、異物を挿入することにも抵抗感を感じる人が多いです。そのため、なかなか手術に踏み切ることができる女性は多くはなかったのです。しかしながら、ヒアルロン酸注入であれば胸に注射するだけでバストを大きくすることができます。また、ヒアルロン酸はもともと人間の肌に存在するものなので、その点でも安心感があるといえます。

もちろん、ヒアルロン酸注入法が手軽だからといって、全てにおいて良い点があるわけではありません。注意点があります。それはバストアップを大幅にすることはできないという点です。基本的には1カップ程度のヒアルロン酸しか注入しません。そのため、サイズアップも1段階しかないというわけです。これは1回の注入でたくさん入れてしまうと身体に負担がかかるからです。しかしながら、時間をかけて少しずつバストアップしていくことは可能です。また、もう1つの注意点としてはシリコンバッグ挿入法とは異なって、効果が一時的ということです。シリコンバッグ挿入法であれば、シリコンバッグを入れてそのまま時間が経過しても何の変化もありません。しかしながら、ヒアルロン酸の場合は時間が経過すると体内に吸収されてしまうのです。その効果の持続期間は1年から2年程度です。そのため、バストのサイズが元に戻りつつあると思ったら、メンテナンスのために再びクリニックに行きます。これらが注意すべき点です。